FC2ブログ

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


検索フォーム


カウンター


佐賀旅行★嬉野編★

今回は前回ご紹介した「佐賀旅行★有田編★」の続編デス~
22日に訪れた「嬉野市」をご紹介

嬉野市美肌の湯と言われる嬉野温泉嬉野茶で有名な所~道端にチョロチョロと出ている温泉水
触ってみたけど結構温めの温泉水だった~

この日に行った温泉は、ジュ~ニアさんオススメの「和楽園」という温泉宿高級な感じがする佇まいだけど、立ち寄り温泉は¥1000円と意外とリーズナブル
温泉は内湯と露天風呂があり、露天風呂は嬉野市らしく嬉野茶の温泉
お茶の成分なのかお湯の色も薄い茶色
しかも露天には、マッサージ用に茶葉が入ったティーパックも置いてあり、これが使いたい放題
ここぞとばかりに、ティーパック4つも使っちゃったぁ~
お茶の香りも楽しめるし、マッサージも出来るし、お肌もツルツルになるなんて、最高だぁ~

温泉からあがった後は、嬉野茶のサービスもある
デッカイ容器に冷え冷えの冷茶がたっぷり
火照った身体に染み渡るぅ~
この嬉野茶は渋みも無くて、すっきりと飲み易いお茶だった
嬉野温泉って最高ぅ~~

和楽園のHPはこちら

まだまだ嬉野市には素晴しい所がい~っぱい
景観を楽しむならココ轟の滝
滝の音が雷のように轟くところから轟の滝となったとか~
近くで見るとこんな感じ確かに水音が轟いてて話さえままならい程この日は前日に大雨が降ったせいで、水量が半端なく、轟音そのものだった・・・
滝周辺は「轟の滝公園」という公園になっていて、そこにはたくさんのカルガモがいた
写真を撮ろうと思ったら、徐にカルガモ達が動き始めて、仕舞いにはこんな状態に・・・
何でぇ~一列に並ぶのよぉ~
観光客慣れしているのか・・・何ともサービス精神旺盛なカルガモ達だった


最後に連れて行って貰ったのは、嬉野温泉の名物「嬉野温泉湯どうふ」が食べれるお店
こちらがその嬉野温泉湯どうふ嬉野の温泉で煮た豆腐の他に野菜や海老なども入ってる鍋のような湯豆腐
湯豆腐はそんなに好きじゃなかったけど、この嬉野温泉湯どうふの味には本当にビックリした
ダシの利いたお汁の味が豆腐に染み込んで、メチャクチャ美味しい
他の具材は別にあるポン酢で食べるのだが、コレがまた味が変って旨い
お汁までキレイに飲み干した程、美味しく頂きました

嬉野温泉ってやっぱり最高だぁ~~

この2泊3日の旅では、殆ど食べて呑んで過ごしたけど、本当に幸せな旅だった
ジュ~ニアさん・・・お世話になりました
また是非行きたいなぁ~
スポンサーサイト

佐賀旅行★有田編★

約1ヶ月振りの更新・・・
ご無沙汰しておりました・・・
これからまたボチボチ更新して行こうと思います~

先週の金曜の夜から日曜に掛けて、2泊3日で佐賀県の武雄市へ行ってきた~
武雄には友人のジュ~ニアさんが住んでいるので、えいまなさんと2人でお邪魔したのだぁ~
今まで佐賀はそんなに行った事がなかったけど、意外と魅力的な所が満載だったのにビックリ
とても1回じゃ伝えきれないので、数回に分けてご紹介しようと思いマス~

今回は土曜日に訪れた有田町」をご紹介~
有田焼で有名な有田町
そんな訳で訪れたのが「有田ポーセリンパーク
山間にある有田ポーセリンパークは佐賀の山の中とは思えない外観~
このお城みたいな洋館では、結婚式も行われるらしい~
庭園もキレイだったけど、生憎の雨で散歩出来ず・・・クスンでもちゃぁ~んと有田焼をGETできたからいっか~3人で合わせて買った有田焼のビアグラス
その日の夜に皆でMY グラスで飲んでみたけど、ビールの泡が肌理細やかで、泡立ちもよくて最高に美味しかった~
ビアグラス最高

また有田町には「ごどうふ」という、地元のちょっと変った豆腐がある
有田ポーセリンパーク近くに、そのごどうふを使ったパフェを出しているお店があったので、行ってみることに
ごどうふパフェ 一見普通のパフェだが、白い部分にたっぷりごどうふが入っているのだぁ~
ごどうふ」自体の味は大豆の味がして、ちょっと濃いお豆腐といった感じだけど、変ってるのはその食感
むにゅむにゅ~というか、もっちもちというか・・・・とくかく噛んでも噛み切れない不思議な食感
大豆の味はするけど、パフェとの相性もバツグンで、病み付きになってしまった
ジュ~ニアさんは「きな粉パフェ」をオーダー 元は豆腐だから、和風の味にも合うぅ~

このごどうふには本当に感動してしまい、帰りに地元のスパーでごどうふを買ってしまったほど
こちらは地元のスーパーで売ってたお徳用のごどうふもちろん、2~3個でパック入りの分もあるけど、3人だし思いっきり食べたかったので、徳用買っちゃった~
本来の食べ方は専用のごまだれを掛けて、ご飯のおかずとして食べるんだとか~
このごまだれとの相性もバツグンで、デザートにもおかずにもなる食材なんて~っとまた感動してしまった

やっぱり違う土地には、違う食べ物があって、それを堪能するのも旅の醍醐味だなぁ~っと実感した有田町の旅だった

次回は嬉野温泉をご紹介します~
乞う期待~
 | ホーム |  page top